高校で短期留学することの長所と短所

なんにでも長所と短所がありますが、高校時代に、短期留学することでの長所と短所を考えてみましょう。



短所から考えますと、まずは一般的には費用がかかることです。
将来を見据えたものなのかどうかで、なんとなく行って帰ってきたとしたら、別の選択をしたほうがよかったと後悔するかもしれません。

また、短期ですと、あまり回りが見えない、わからないうちに終わってしまうので、もしかすると良い部分しか見えない場合があるかもしれません。

長所としては、いろいろ考えられますが、留学に際して願書をかかなければならず、自分を見つめ直すよいチャスになります。
考え方がグローバルになり、政治経済ニュースなどを深く考えることができることが期待できます。

Yahoo!ニュース情報のお得な利用法をお教えします。

また、人種や習慣などが違う人との異文化の交流になりますので、視野が広まり、今後、柔軟に対応することが容易になるでしょう。海外で生活する上では、どうしても語学は必要になりますので、学習効果も向上するのは間違いありません。

留学を知りたい方必見の情報を集めました。

子供の性格によって、留学時期もまちまちなので、保護者や周りの人は、適したアドバイスをしてあげる必要があります。特に高校時代ですと、なかなか親のいうことも受け付けない場合もあるかもしれませんので、学校の先生によく相談することもひとつの方法です。
昔は、日本の大学に入れないから、海外の大学に行くということがあったそうですが、そうならないように日頃から目的意識を持って、その後の留学の検討のために、勉強に励むことが大切です。